トップイメージ

ホーム  > アシストの取り組み > 地域との連携

地域との連携

行政・福祉・企業の連携

行政・福祉・企業の連携

(クリックで拡大します)

在宅雇用を行う上で、アシストと地域行政の連携は必要不可欠です。

当社の事例では、次のような行政・福祉・企業の連携があります。現在は行政・福祉・企業・社員(ご家族)が一体となり右図のようなネットワークを形成しました。



行政に障害者雇用の専門分野があることにより、企業やハローワーク、民間の就労支援団体との連携が取りやすい事が挙げられます。こちらの事例では、県内の各障害者就業・生活支援センターの監督官庁として行政関連機関の連携があり、その働きかけで採用活動が加速しました。

様々な繋がりがある中で、就業・生活支援センターの職員の方に、職場定着後も定期的に訪問していただき、本人・家族と共に相談(体調面やPC操作時の姿勢改善)をさせていただく事例もあります。

就業面だけでなく生活面とセットで支援する仕組みも、障害者雇用モデルの一つとしてアシストは推進していきます。

サポーターズボイスへリンク 社員の社会参加活動へリンク 在宅雇用推進活動へリンク