トップイメージ

ホーム  > クオールアシストとは > 社長あいさつ

社長あいさつ

経営理念、『人間尊重』お互いに信じあい、個人の自主性と裁量を重んじる。

人が充実した気持ちになる瞬間、それは他人のために生きた、働いたという実感が湧いた時ではないでしょうか。言いかえれば、他人の気持ちになって、他人の幸せをどれだけ実現してあげられたかという達成感だと思います。障害のある人も障害のない人と同様に仕事を通して人と触れ合い、一瞬一瞬の喜びを感じたいと強く望んでいます。

クオールアシストはクオールグループの特例子会社として2009年2月に誕生しました。業務はグループ会社の勤怠管理、データ入力・集計、イラスト・デザイン、Web制作・保守が主ですが、最近はグループ外の仕事も増えてきております。勤務場所は本社か在宅となります。

在宅雇用は主に重度の障害をもつ社員が行い、Web会議システムやメールなどのITを駆使し、毎日本社と在宅、また在宅社員間同士で連絡を取り、時に励まし合い、時に助け合い、時に刺激し合って、レベルの高い仕事を目指し、日々頑張っております。また、本社では在宅雇用勤務者が制作したイラスト・デザインなどを印刷・発送などを行っております。

おかげさまで、クオールアシストもクオールグループの成長と共に社員数も年々増え、2013年8月1日現在本社勤務4名、在宅雇用29名、合計33名という陣容になりました。今後、少しでも皆様のお役に立ちたく、魅力ある企業を目指し、成長してまいりますので今後共ご支援いただけますよう宜しくお願い申し上げます。

2013年11月

クオールアシスト株式会社

代表取締役社長 宮澤  聡一

▲ページの先頭へ