トップイメージ

ホーム  > アシストの取り組み > Supporter's Voice

Supporter's Voice

ワンポイントイメージ

アシストでは社員の就労をサポートしてくださった方々と、生活支援や情報交換などを通して、その後のつながりも大切にしています。

Supporter's Voiceではそのような方々に、アシストとの関わり、障害者雇用・在宅雇用などについてのインタビューを行いました。


第6回 (2015-01-23)
東京農業大学
教授  小島 善和 様

東京農業大学教授・小島善和様

弊社の在宅社員にも事故による外傷で障害を負った者が多く在籍しています。

今回は、看護師の育成に携わる傍ら、主に青少年を対象にした「外傷予防教室」を開催するなど、外傷予防を専門に活動されている小島先生にお話を伺いました。

続きを読む


第5回 (2014-06-05)
埼玉県総合リハビリテーションセンター
障害者社会復帰・訓練支援センター(障害者支援施設)
支援部  就労移行支援担当課長  山本 雅史 様

埼玉県総合リハビリテーションセンター・山本様

障害者の就労や在宅生活などの、総合的な支援や訓練を行っている施設はそう多くはありません。

埼玉県上尾市にある「埼玉県総合リハビリテーションセンター」では、就労に必要な知識や技能の習得及び向上を目指し、一般就労(在宅就労)、復職及び福祉的就労の支援を行っています。今回は、就労移行支援担当をされている山本雅史様にお話を伺いました。

続きを読む


第4回 (2014-04-07)
社会福祉法人 狛江市社会福祉協議会
日比野 浩 様、 武藤 慎哉 様

狛江市社会福祉協議会・日比野様、武藤様

重度身障者が社会と繋がりを持つことは容易なことではありません。たとえ就労に対して意欲があっても、ソフト面ハード面で支援を必要とする場合があります。これは就職後も同じことが言えます。

狛江市社会福祉協議会は、そのような支援を必要とする身障者に、生活支援・就労支援を行う「サポート」があります。今回は日比野浩様、武藤慎哉様に、在宅社員や弊社とサポートの関わりについてお話を伺いました。

続きを読む


▲ページの先頭へ